長く愛用するために最適な調理器具のお手入れ方法とは

調理器具の正しいメンテナンス方法

包丁のお手入れ方法

楽にお手入れができるテフロン加工のフライパンや、他の調理器具を傷つけにくく熱にも強い便利なシリコン製の調理器具など、利便性を重視した器具の人気は高く、量販店などでも数多くの取り扱いがあります。
一方、最小限のもので丁寧な暮らしを実現する、ミニマリストという価値観が浸透している現在、長く使える上質なものを厳選して揃えている家庭も増えています。
実際、こだわりの調理器具を揃えると料理に対するモチベーションも上がってきますよね。

しかしそんな道具も、大事に扱っているつもりでも、長く使い続けることによって表面に小さな傷がついたり、うっかり焦がしてしまうこともあるでしょう。道具が劣化していくのは当たり前です。だからこそ普段から正しくメンテナンスをしておく必要があるのです。

普段料理をする際、調理器具はどのようにお手入れしていますか?
繰り返しの使用によってついた細かい傷には汚れが付着しやすく、実はスポンジと洗剤で洗う普段の洗浄では、その汚れまでは落ちていないかもしれません。
一人暮らしなので普段は自分の分だけ作ればいいという方も、毎日家族の健康を考えた食事を作っているという方も等しく、口に入れるものを扱う道具だからこそ、調理器具は常に清潔にしておきたいですよね。
長く使用するためには、しっかりメンテナンスをしながら清潔に保つことがポイントです。
素材や形状によってお手入れの仕方も変わってきますので、器具の種類や素材ごとに適した方法で、愛用の調理器具をお手入れしてみませんか。