長く愛用するために最適な調理器具のお手入れ方法とは

>

こだわりの道具こそ長く大切に扱う工夫をしよう

素材を把握する

素材ごとに必要な手入れの方法も変わってきますので、まずはそれぞれの特徴を知ることから始めましょう。
いつも使用している包丁の素材はご存知でしょうか。
包丁を新調したいとお考えの方もぜひ参考にしてください。

・ステンレス
錆びにくく、耐久性が強いのが特徴です。比較的お手入れもしやすいですが、他の素材比較して切れ味は劣ります。
調理中にこまめに水気をふき取る必要もないので、家庭用として使いやすいです。

・鉄(鋼)
研ぎやすく、切れ味は抜群です。錆びやすいという欠点があるので、しっかりと水気を切って使いましょう。
長く使わないのであれば、ミシン油などを全体に塗り、新聞紙にくるんで保管をしてください。濡れた状態での放置はNGです。

・セラミック
硬度が優れているため長時間切れ味が持続します。錆びにくく匂いもつきにくいので一見万能に感じますが、その硬度ゆえに家庭での研ぎ直しは困難です。

手入れの基本

どの素材の包丁でも、基本のお手入れ方法は変わりません。
1、使い終わったら食器用洗剤を使ってよく洗う(鋼製の場合はクレンザー使用)
2、水気をよく拭き取り、しっかり乾燥させる
この2点は必ず抑えておきましょう。

錆びは、包丁についた水分と空気が触れることにより鉄が酸化し発生します。
万が一錆びがついてしまった場合は、切れ味や衛生面にもよくないので、早めにクレンザーを使ってしっかり磨いた後、水気を切って乾燥させてください。

包丁の切れ味が悪くなるのは、使っているうちに刃先につけてある微細な刻みが徐々に擦れてなくなってしまうことが原因だそうです。
砥石で研いであげることは、この細かいギザギザを刃先につける効果があるので再びよく切れるようになるのです。
切った食材の食感や味にも影響しますので、砥石は引き出しに入れておきたいですね。