長く愛用するために最適な調理器具のお手入れ方法とは

>

主流は木製とプラスチック製

木製のまな板に必要な毎日の一工夫

木製のまな板は、包丁の刃当たりが柔らかく、表面の傷がひどくなれば削り直して長く使うことも可能です。木材本来の抗菌作用も働くため、菌が繁殖しにくいという面もあります。木製のまな板を愛用している方の中には、野菜を刻んでいる時の音が好き、という声も多いのではないでしょうか。
使用する前に水でさっと濡らすことで木目に水が染み込み薄い膜となって、食材がまな板にくっつくのを防ぎます。この一工夫によって匂いや色もつきにくくなるので、長く使うためにぜひ習慣としてください。
ただし、しっかり乾燥させないとカビや変色を生じさせやすいので使用後はしっかり乾燥させましょう。

木製のまな板は、除菌効果のある台所洗剤とたわしを使ってしっかり汚れを落とし、1日1回は熱湯をかけて殺菌することで、清潔に保つことができます。

プラスチック系に適した除菌方法

漂白剤を使用して殺菌することができるため手入れが楽という特徴をもつプラスチック系は、木製と比べて軽量のため気軽に扱えて種類も多く、価格も安価であるというメリットがあります。
扱いやすくはありますが、表面が硬いものが多いので、切った食材が繋がっていたり包丁の刃こぼれも起きやすいので注意が必要です。

プラスチック系のまな板は白いものが多く、変色しているとどうしても目立ってしまいます。毎日の除菌処理で見た目からも清潔に保ちたいですね。木製と違って漂白剤が使えるので、毎晩漂白剤入りの水に浸け置きしたり、スプレータイプの漂白剤を吹きかけておき、翌日の朝に水洗いするだけで簡単に除菌・漂白することができます。
また、漂白剤を全体に塗布したまな板の表面をラップでぴったり覆う方法では、1時間ほどで除菌できるため時間短縮してしっかり乾燥させたい場合におすすめです。