長く愛用するために最適な調理器具のお手入れ方法とは

>

鍋系を長く使う秘訣

鉄製品はお手入れが難しい?

正しくケアしてあげることで鉄製品は驚くほど長く使えます。
なんとなくお手入れがめんどくさそうなイメージはありますが、その理由は独自の手入れ方法が必要、という点にあります。
しかしふたを開けてみればそこまで面倒なことはありません。以下の手順を習慣化してしまいましょう。

1、冷める前にキッチンペーパーで表面の汚れをふき取る
2、洗剤を使わずに水またはお湯を使用しスポンジで優しく洗う
3、お湯で流し、軽く水を切る
4、強火にかけて水分を飛ばす
たったこれだけです。あとは熱が冷めるのを待つだけです。意外と簡単そうではありませんか?
ポイントは洗剤を使わないこと。洗剤は油膜を流してしまうので焦げつきの原因になります。
もしそれでも焦げ付きが気になるようでしたら、この手順の後に薄く油をひいてみてください。

フッ素加工された製品の場合

内側をフッ素樹脂でコーティングしたフライパンや鍋は、焦げつきにくく汚れもすぐ落ちるため、その扱いやすさから使用している家庭も多いです。
このフッ素加工品を長持ちさせるポイントは、使用する中でいかにコーティングを保つかという点に尽きます。
とはいえ、汚れはすぐに落とした方がいいという発想から、すぐに水につけたり、スポンジと洗剤でごしごし洗ったりしがちでもあるのではないでしょうか。
実はこれ、両方ともNG行為なのです。

フッ素加工品も鉄製品と同様、台所用洗剤は必要ありません。
1、冷める前にキッチンペーパーで汚れをふき取る
2、熱が冷めたら一回り大きい鍋にお湯を張り、お湯につける
3、洗剤は使用せずにスポンジで優しく洗う
4、お湯でよく洗い流す
あとは自然乾燥させて収納しましょう。

調理器具は一般ごみと違って処分するのも手間がかかりますので、できれば長く使い続けたいですね。